リバウンドのメカニズムとダイエットの停滞期について

リバウンドが起きる原因のひとつにホメオスタシスという体のメカニズムが大きく関わっています。食事制限によるダイエットをすると、開始後しばらくは順調に体重が減っていきます。ですが、ある時期になるとだんだん体重の減りが鈍くなり、ついには体重の減少がストップしてしまいます。ダイエットは行っているのに、体重が減りにくくなる状態のことを、停滞期と呼んでいます。停滞期がどのくらい続くかは人によって違いますが、1ヶ月たっても終わらないという方もいます。この停滞期の原因こそがホメオスタシスという体の機能によるものなのです。ホメオスタシスとは体内に入ってくるエネルギーが急激に減少したとき、消費エネルギーを抑えて生命維持をしようとするメカニズムです。消費されない分のエネルギーは脂肪となって蓄えられるので、体重が増える原因となり、これがリバウンドの正体です。ホメオスタシスは、急に体重が減少すると、誰にでも起こる可能性のある体のメカニズムとなっています。そのため、ダイエットのためといっても短い期間で一気に体重を減らそうとするとリバウンドするのです。ホメオスタシスのスイッチが入らないようにするには、時間をかけて少しずつ体重を減らすことです。ホメオスタシスという体内メカニズムをしっかり把握しておくことができれば、リバウンドを避けられるようになります。不用品回収 大阪